病院と自宅療養の透析体制の違い|長期治療に備えた良質な病院選び

先生

健康状態を知る大事な検査

先生

食の欧米化により日本人の間でも大腸がんになる人が増えていますが、そんな大腸がんを早期発見するのにも役立つのが検便検査です。腸内の病気を調べるのに役立つ大腸内視鏡検査ですが、事前に検便検査を行うことで大腸内視鏡検査を行うべきかどうかを調べることが出来ます。

詳細へ

どちらにも対応可能です

看護師

社会的状態も考慮

新宿には、慢性腎不全の患者さんの治療を専門に行う病院があります。透析療法には、血流透析と腹膜透析がありますが、新宿の病院は、どちらにも対応しています。慢性糸球体腎炎、糖尿病、慢性腎不全で来院する患者さんが多いです。新宿の病院では、透析を行うようになっても、患者さんが有意義な人生を送れるよう全力でサポートしてくれます。治療は長期に渡るので、対応のよい病院を選ぶことは非常に重要です。新宿の病院では、患者の体の状態はもちろんのこと、社会的状態も考慮して治療をしてくれます。患者と一緒にがんばろうとする姿勢が多くの患者を元気づけ、生きる勇気を与えています。患者からの質問には、いつでもわかりやすく答えてくれます。

在宅医療にも尽力

新宿の病院では、在宅医療にも力を入れています。自宅で治療ができるように、訪問看護ステーションなどと連携して、在宅での腹膜透析の医療体制を整えています。新宿区でも透析患者の高齢化や患者数の増加がみられ、今後在宅医療は増加が見込まれます。安心して治療が受けられ、通院の必要がない在宅医療は、新宿区の透析の将来を担う治療法として注目されています。病院では、治療法の選択を患者と医療スタッフが相談して選択しています。血流透析と腹膜透析について説明し、腹膜のメリットとして自宅で行える点もきちんと伝えています。治療法を患者と一緒に選択することで、押しつけにならない、医療の理想とも言えるあるべき姿が反映されています。